読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今夜は何を作ろうか

献立を考えながら保育園へダッシュする共働き夫

初のSFC修行で沖縄へ

 

突然ですがひとり沖縄に来ています。今年度は仕事が忙しく、会社の規定で年に一度は取得が義務付けられている1週間休暇を取らずに3月になってしまいました。消化のための駆け込み取得です。

嫁は仕事、子供は学校があるのでひとり。なぜ沖縄かというと、遠いから。多くの人にはハァ?というところでしょうが、遠ければ遠いほどANAのプレミアムポイント(通称PP)を稼ぐのに都合が良いのです。

皆さんもマイルには馴染みが深いかと思います。飛行機に乗ると付与され、貯まると特典航空券に交換できたりするアレです。PPも似たようなもので、飛行機に乗れば乗るほど貯まっていきます。大きな違いは、

①マイルは飛行機に乗る以外にも貯める手段が色々ある。買い物やクレジットカードの加入キャンペーンなど。家族間で融通もできる。一方でPPは飛行機に自らが乗る以外に貯める手段はない。

②マイルは有効期限が数年あるが、PPは毎年12月末にリセットされる。

の2点になります。

各航空会社はたくさん利用してくれるお得意さんを囲い込むために、PPに応じた様々な特典を用意しています。チェックインの時に混雑したカウンターに並ばなくて良い、とか待ち時間を飲食無料で快適なソファがあるラウンジで過ごせる、とか空席があれば上のグレードの座席に無料でアップグレードできる、とか預け荷物が優先的に出てくる、とかですね。

飛行機があまり好きではない人も多いと思いますが、好きではない理由のほとんどは上記の特典が与えられれば解消されるのではないでしょうか。空港に行けばスッとチェックインできて、持ち物検査は並ばなくて良くて、検査が済んだらゆったりと寛いで搭乗を待てて、座席シートは広々、食事もまともなものが出てくる、なら飛行機特有の負担はほとんど無くなりますよね。

僕は年に数回、出張であちこち海外に行くのですが、内規で欧米便はビジネスクラスが使えるもののアジアなどは一部を除きエコノミーしか認められていません。ビジネスクラスに慣れるごとにエコノミーの辛さが堪えるようになってきました。でもまあ今はそれでもいいんです。問題は歳をとってから。

我が家はフルタイム共働きですのでゴリゴリ金は貯めてます。50歳を過ぎたらさっさとリタイアして海外旅行でもゆっくりしよう、などと話しているのですが、老体にエコノミーはきつい。かといって夫婦2人、ないしは娘たちも入れて家族4人で毎回ビジネスクラスではいくら金があっても足りない。少なくとも50そこらでリタイアなんぞできない。どうしたものか…とはぼんやりと思っていました。

そんな時に、ANAの上級会員であるプラチナ以上になれば、上述したラウンジの利用などに加え、エコノミーからプレミアムエコノミーへのアップグレードが無償でできる、そしてプラチナ以上になれば加入申し込みが可能なANAスーパーフライヤーズカード(通称SFC)というクレジットカードを持てば、年会費を払っている限りはずっとそれらの特典を受けられるということを知りました。

僕はそれまでPPの存在を意識したことはなく、海外出張が多かった年に勝手にANAから送られてくるブロンズステータス(プラチナのひとつ下の会員ステータスで、ラウンジの利用や座席の無償アップグレードはできない)のカードも特に加入要件などをチェックせず抽斗の奥に放置していました。

SFCの存在を知り昨年のPP実績を見ると、プラチナステータスの要件である年5万PPまであと1万足らずでした。要件を満たすチャンスだったんですね。本当にもったい無いことをしました。

5万PPなどと言われてもピンとこないと思いますが、例えば旅割の安いやつで羽田と福岡を往復して得られるPPがやっと1,700とかです。5万PPに到達するには30往復くらいしないといけません。しかも前述のようにPPは毎年12月にリセットされてしまいますから、1月から12月の間に30往復。これはきつい。

エコノミーより高い座席に乗るか、欧米など遠方の海外に行くか、その両方を満たすかしないと5万なんてなかなかいきません。ちなみにビジネスクラスで日本から欧米を往復すると一気に2万PP近く貯まります。これなら3往復で済みます。僕のように、たまにでも欧米へビジネスクラスで行く人はSFC加入要件を満たすチャンスにかなり恵まれてると言えるわけです。逆に言うと、海外出張があまり無くなったり、リタイアしてしまうと5万PPのハードルはかなり高くなります。

今年は既にシドニービジネスクラスで行ったので、1万9千PPが貯まっています。ただ社内で組織変更などもあって、12月までにまた遠距離の海外出張があるかどうか分かりません。これまでに貯まったマイルをスカイコインにしてチケットを買えばキャッシュの持ち出しはないし(注;マイルを直接特典航空券に変えてしまうとPP付与対象外になってしまうので、このステップを踏む必要があります)、今年のSFC取得を確実にするために、行ける時になるべく遠くへ行っておこう。というわけでいま那覇にいるわけです。

いっそ海外へ行けばいいのに、と思うかもしれませんが、嫁が残業とのことで明日の夕方には保育園および学童へ子供達を迎えに行かねばならず、海外は無理です。仕事を終え飛行機に飛び乗り那覇に着いたのは先ほど夜10時半ですが、明日の午後2時の便でもう羽田に戻らねばなりません。明日の午前中は国際通りをブラついてソーキそばでも食べたいと思います。

f:id:sandandrop:20170317010159j:plain