読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今夜は何を作ろうか

献立を考えながら保育園へダッシュする共働き夫

maNaraBBリキッドバーを6割引で購入

maNaraのファンデーション、BBリキッドバーを奥さん用に買いました。

定価は3,672円ですが、これよりずっと安く買えました。ポイントサイト「ハピタス」を経由して買ったからです。

利用には会員登録が必要です(↓のバナーから登録できます)。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

このハピタスというサイトには、販促のためにコスメや保険、クレジットカードなど色々な会社の広告が掲載されているのですが、そこにmaNaraも広告を出しているのです。ハピタスのトップページの検索窓で「manara」と検索してみてください。

f:id:sandandrop:20170523012036j:plain

中ほどに「初回購入で50%」とありますね。これは、「ポイントを貯める」のところをクリックして、maNaraのサイトでBBリキッドバーを購入すると、ハピタスのポイントが購入金額の50%分、付与されますよ、という意味です。

 

BBリキッドバーは、通常1本3,672円のところ、初回購入であれば今は2,937円の特別価格で購入できます。2,937円×50%=1,468円分のポイントがハピタスで付与されますので、実質は2,937円-1,468円=1,469円で買えてしまったことになります。定価の60%オフですね。

ハピタスのポイントは、デビットカードEdyなどにチャージできるほか、Amazonギフト券への交換などもできますので、ほぼ現金と同じように使うことができます。とてもお得ですので、ぜひ試してみてください。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

maNaraホットクレンジングゲルを定価の7割引で購入

温感ゲルで毛穴汚れをしっかり落とす、maNaraホットクレンジングゲル。

評判が高いので試しに使ってみようと思ったものの、定価は1本4,104円となかなか良いお値段です。

しかし、これを格安で購入する手段があります。それは、ポイントサイト「ハピタス」を経由して買うことです。利用には会員登録が必要です(↓をクリック)。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

このハピタスというサイトには、販促のためにコスメや保険、クレジットカードなど色々な会社の広告が掲載されているのですが、そこにmaNaraも広告を出しているのです。ハピタスのトップページの検索窓で「manara」と検索してみてください。

中ほどに「初回購入で60%」とありますね。これは、青丸のところをクリックしてmaNaraのサイトでホットクレンジングゲルを購入すると、ハピタスのポイントが購入金額の60%分、付与されますよ、という意味です。

f:id:sandandrop:20170523005146j:plain

ホットクレンジングゲルは、通常1本4,104円のところ、初回購入であれば今は2,990円の特別価格で購入できます。2,990円×60%=1,794円分のポイントがハピタスで付与されますので、実質は2,990円-1,794円=1,196円で買えてしまったことになります。定価の71%オフですね。

ハピタスのポイントは、デビットカードEdyなどにチャージできるほか、Amazonギフト券への交換などもできますので、ほぼ現金と同じように使うことができます。とてもお得ですので、ぜひ試してみてください。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

Amazonより7%安く新刊本が買える書店サイト「ハピタス堂書店」

家事育児に時間を割かれ、また深夜までガッツリ何時間も読書する体力も無くなってきたので、以前よりは本を買わなくなっている私ですが、それでも子供のための絵本や、仕事に必要なビジネス書や雑誌、たまにはマンガなどそれなりの出費をしています。ビジネス書や絵本の新刊は特に値が張りますので、興味がある本をちょこちょこ買っていると、あっという間に1万円、2万円になってしまいます。

 本はAmazonで買うという人が多いと思います。書籍は「再販制度」という制度があるため、どこで買っても価格は同じですし、それなら在庫が充実していて、配送も早い方が良いですもんね。しかし!実質的に定価より7%も安く新刊を買えるサイトがあると知ってからは、もっぱら本はそこで買っています。ネットで調べてみると、本を沢山買う人たちの間では有名な存在らしい、それが「ハピタス堂書店」です。

 

新刊本をAmazonより実質7%安く買えるハピタス堂書店とは

再販制度があるから新刊本はみな同じ値段で売らなきゃいけないんだよね?なのに実質7%安いってどういうこと?それは、ハピタス堂書店が、ポイントサイトのハピタスが運営する書籍販売サイトだからです。ハピタス堂書店で本を買うと、もれなく価格の7%にあたるポイントが付与されるのです。

 付与されたポイントはハピタス堂書店で1ポイント=1円として本の購入に使うことができるのはもちろん、楽天ポイントAmazonギフト券にも換えられますし、デビットカードにもチャージできるので、現金とほぼ同様にも使えます。

Amazon楽天ブックスと同様に、支払いにはクレジットカードが使えますし、送料も無料です。品ぞろえはAmazonにはさすがにやや劣りますが、ある程度売れ筋の本でしたらまず見つかります。また、電子書籍も買えます。

f:id:sandandrop:20170522023222j:plain

 

購入には会員登録が必要

ハピタス堂書店を利用するには、最初に運営元サイトであるハピタスへの登録が必要になります(下記リンクをクリックして下さい)。

ハピタスへの会員登録が完了したら、ハピタスのサイトからハピタス堂書店に移動して好きな本を探しましょう。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタスの会員登録方法を詳しく

1. 上のバナーをクリックするとトップページが開きます。丸で囲んだ、「新規会員登録(無料)はこちら」をクリックします。

f:id:sandandrop:20170521170447j:plain

 

2. 青い丸で囲んだ部分をクリックします。f:id:sandandrop:20170521170901j:plain

 

3. メールアドレス、パスワード、ニックネームを入力します。メールアドレスはgoogleやyahooなどのフリーアドレスでもOKです。パスワードは8文字以上の半角英数字です。

f:id:sandandrop:20170521171233j:plain

 

4. 属性情報を入力します。携帯電話番号は、SMSでの認証で使われるだけで、怪しい電話がかかってきたりはしませんのでご安心を!SMSの使える携帯電話をお持ちでない場合は、固定電話で認証する方法もあります。メールマガジンを購読してもらえるポイントは非常に少ないので、「希望しない」でも良いかと。

f:id:monimonita333:20160512233809p:plain

 

5.入力確認をします。

f:id:monimonita333:20160512234426p:plain

 

6. メール送信(というか受信)。先ほど登録したメールアドレスあてに「仮登録完了のお知らせ」というメールが届きます(届かない方は、迷惑メールに振り分けられていないかチェックしてみてください)。メールの中ほどにある、会員登録完了のためのURLをクリックしてください。

f:id:monimonita333:20160512234446p:plain

 

7. 電話番号認証をします。届いたメールのURLをクリックすると,この画面になります。先ほど登録した携帯電話番号宛てにSMSで4桁の暗証番号が届きますので,それを入力してください。固定電話で認証する方は、下の黄色部分の番号へ電話をかけてください。

f:id:monimonita333:20160513082656p:plain

 

8. 登録完了です!ここまで、ものの5分もあれば終わると思います。

f:id:sandandrop:20170521173729j:plain

f:id:monimonita333:20160512234836p:plain

 

9. 早速ハピタス堂書店へ行ってみます。トップページに戻り、「ショッピングでためる」にポインタを合わせ、「本・コミック・雑誌」をクリック。

f:id:sandandrop:20170521173729j:plain

 

10. ページ中ほどのハピタス堂書店 by eBookJapanの、青丸をクリックします。

f:id:sandandrop:20170521174140j:plain

 

11. ハピタス堂書店に会員登録します。また会員登録?と思われるかもしれませんが、ハピタスへの登録時は住所は登録していませんものね。支払方法も登録していません。本を買うために必要な情報です。これで手続きは終わり!実質7%引きで本が買えます。

f:id:sandandrop:20170521174556j:plain

 

ハピタス堂書店のデメリット

私の知る限り、新刊本をこれだけ安く買える方法は他にありませんし、ぜひ利用するべきだと思います。ただ、上にも書きましたが、大抵の本は見つかるものの品揃えはAmazonには劣ります。また、CDやDVDはAmazonが結構な割引で売っている一方、ハピタス堂書店は定価に近い額での販売になっており、Amazonが圧倒的にお得です。用途により賢く使い分けましょう。

ハピタスをさらに活用してお得生活を本以外にも広げてみる

会員登録のためハピタスのサイトにアクセスした方は、ハピタスのサイトにハピタス堂書店などのショッピングだけでなく、クレジットカードや保険など様々なジャンルがあるのに気付いたことと思います。

これまで見てきたように、ハピタスを通じて本を買うだけでも十分お得なのですが、本以外のものの買い物や、クレジットカードの加入などでも利用すると、誰でも簡単に、月に数万円単位のメリットを享受することができます。しかも、それにかかる時間は月に2-3時間程度。ご興味のある方は、下の記事も読んでみてください。

sandandrop.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイントサイト・ハピタスを利用してマイルを大量に貯める方法

 格安航空券よりもお得なマイル

観光や慰安を目的とした旅行やイベントごとや、出張のために、飛行機を利用する機会が多い方もいらっしゃるかと思います。 最近では、格安航空券を購入してる方も増えてきていますが、格安航空だと荷物の預かりが有償だったり、機内サービスも有料なものがほとんどだったり、遅延・欠航の心配もあるなど、不安点もいくつか見受けられます。

しかし、そんな格安航空券よりも安く、もっと言ってしまえば、無料でANAJALの航空券を手に入れる方法があります。それが「マイル」を利用する方法です。

なぜ「格安航空券を現金で買う」より「マイルで航空券を手に入れる」方がお得なのでしょうか?

「マイル」って何?

「マイル」って何?

無料で飛行機に乗れる

マイルを貯める目的で一番多いと思われるのは、貯めたマイルを利用して、無料で飛行機に乗る事だと思います。 早めに予約する必要がある時もありますが、基本的にはいつでも好きな時に飛行機に乗れます。もちろん国内線だけでなく、海外へも無料で行けます。 ただ航空券を手に入れるだけでなく、座席のアップグレードにも利用できるのがマイルの便利なところです。

この他にも、マイルを様々な電子マネーに交換することが出来たり、商品と交換することができたりと、航空券の利用目的以外にもマイルは利用できます。

比べてみると凄さが分かる、マイルの価値

例として、2017年ゴールデンウィーク(ハイシーズン)東京⇔沖縄(5/1発~5/6戻)の国内線で説明します。

沖縄

【参考】ANA「シーズン・必要マイルチャート」

現時点でもっとも安い旅割(往路:旅割55、復路:旅割21)でも、往復35,580円です。マイルで見てみましょう。

ANA「シーズン・必要マイルチャート」東京⇔沖縄

マイルの場合、往復で21,000マイルで交換することができ、対現金のレートで計算すると 35,580円÷21,000マイル=1.69円 1マイル 1.69円 という価値になります。

では、国際線はどうでしょうか? 2017年お盆休み(ハイシーズン)東京⇔ホノルル(8/11発~8/15戻)の国際線を見てみましょう。

ホノルル

ちなみに、エコノミーの場合、通常だと往復269,160円です。家族4人だと100万円を超えますね。おいそれと出せる金額ではありません。 【参考】ANA「シーズン・必要マイルチャート」

ANA「シーズン・必要マイルチャート」東京⇔ホノルル

マイルの場合、同じエコノミーの往復が、なんと43,000マイルで交換できます。 269,160円÷43,000マイル=6.25円 1マイル 6.25円 という価値になります!

上記はあくまで例ですが、遠ければ遠いほど、また人気の期間ほど、マイルの価値も上がることは間違いありません。

「現金で格安チケットを購入できるからそれでいいや」とか「マイル交換など面倒くさい」と思っている方も、1マイル=6円以上ともなるとマイルのお得さがお分かりになるのではないでしょうか。

現金と決定的に違う、マイルの方がお得な理由

現金を貯めるのは大変ですが、マイルを簡単に貯める方法はたくさんあります。知っている人は知っていて、知らない人は全く知らない、大量のマイルを無料で獲得する方法の王道は以下になります。

f:id:bmwtatsu:20170327233726p:image

 

無料でマイルを貯める方法は、シンプルに言うと、ポイントサイトで無料でポイントを貯め、それを効率良くマイルに交換する、というものです。 「入り口はポイントサイト、出口はANAマイル、間に一番お得な交換サービスを利用」となっており、途中の交換回数は多くなっていますが、交換比率が良い、手数料が無料などの理由で、このルートが最もよく使われています。

ハピタス⇒ドットマネー⇒東京メトロポイントまでの交換レートは100%で、手数料などもありません。 その後、ソラチカカード(ANA ToMe CARD PASMO JCB)からANAマイルに交換する際に、交換レートは90%になります。ソラチカカード以外でマイルに交換する方法もありますが、交換レートが60%程度になる為、ソラチカカードが一番お得なのです。

上記が準備できたら、すぐにでもポイント稼ぎを開始することができます。

さっそくハピタスでポイントを貯めてみる

入口であるポイントサイトでポイントを貯めるハードルが高いのでは…と思う方も多いかもしれませんが、利用するサービスを選べば、簡単に高額ポイントを獲得することが可能です。例えばハピタスで紹介されている以下のクレジットカード。

 f:id:sandandrop:20170522015335j:plain

 スーパーや駅のコンコースなどでカードの会員募集をやっているところを見たことがあると思います。しばらく眺めていると、呼びかけに応じて申し込み手続きをする人も結構いるんですよね。でも、これはポイントサイトを知ってる人は絶対にやらない行動なんです。ハピタスをはじめとするポイントサイトでもらえるポイントの方がずっと大きいことが多いからです。

この楽天カードでも、新規カードの発行でハピタスのポイントが7,000ポイント(=最低でも7,000円相当、マイルに換えれば何倍もの価値)もらえて、かつ楽天ポイントが5,000ポイント入ります。年会費は無料のカードですので、元手は全くのゼロです。

こういった案件が沢山ハピタスのサイトには掲載されています。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

まとめ

短期間でポイントを大量に貯めて、ソラチカカードの交換ルートでANAマイルに交換すれば、ほぼタダで航空券を入手し豪華な旅行をすることもできます。本当に簡単にできますので、普段マイルを貯める習慣がない方でも、試してみてはいかがでしょうか?

ポイントサイトと聞くとなんか怪しい、と拒絶反応を持つ人もいるかもしれませんが、スポンサー企業からの販売促進費がユーザーに還元されているという点で、仕組みは携帯電話キャリア乗り換え時に端末が安くなったり、インターネット回線に加入するとキャッシュバックがあったり、というのと何ら変わりはありません。家電量販店やスーパーの店頭でその活動が行われているか、インターネット上で行われているかの違いでしかありません。利用しないのは損です。

仕事やプライベートで疲れた自分へのご褒美として、タダで航空券を手に入れ、楽しい思い出を沢山作りましょう。

 

ふるさと納税でイクラ丼

ふるさと納税、3年ほど前からやっています。賛否ありますがサラリーマンができる数少ない効果的な節税手段だし逃す手はないです。

税額控除って所得控除と違って強烈ですよね。年収がそこそこあれば控除額も数十万、返礼品も相当なもの。米も肉も野菜もふるさと納税で貰ったものばかりで、あまり自分で買ってないです。10年続ければ子供の大学学費が出るくらい金額的なインパクトがあります。ふるさと納税に比べると年末調整での生命保険料申告による控除とかゴミですね。

僕の住む東京23区は制度上、ふるさと納税による収入は無い一方で、高所得者が多いことから税金の流出は大きいため、行政からは不満の声が多く出ています。先日も世田谷区長が、税収減を仮に保育園の建設に充てていたら待機児童がどうの、と言っていましたね。待機児童問題に何年も本腰を入れず、待機数ワーストを記録しておいて、こういう時だけ保育園増設の話を持ち出すのはどうなんだ・・と思いますが。

しかし、もともと都市部の税金を地方へ還流させるための仕組みなんだし、起こっていることは当初目的通りですよね。世田谷区長の話を受けて、首都圏の子育て世代はふるさと納税するべきじゃない、という高貴な意見も出ているようですが、僕はそうは思いません。世田谷に1億円与えて保育園作らせるより、田舎のなんとか町に1億円落とす方が子供の数はずっと増えるでしょう。みかんでもカマボコでも、1億円売り上げが増えれば、田舎の所得水準なら20人くらいの若者を新たに雇い入れられます。実際、昨年ふるさと納税をしたある自治体からのお礼状には、「皆様からのご好評にお応えして加工工場を増設しました!」と書いてあったりしました。当然雇用もそれなりに増えたはずです。職を得た若者が結婚すれば、田舎なら3人くらいは子供も期待できるとして、20人×3人=何と60人も子供が増えます。そしてこのうち半分でも20年後に東京に出てきて働いてくれれば、人手不足の解消にも大いに貢献するというものです。なので23区にお住まいでふるさと納税にいそしむ皆さんは、区長が税収減と保育園の建設・運営コストを関連付けて泣き言を言ったとしても、良心の呵責を感じる必要などはありません。堂々とふるさと納税しましょう。

というわけで、前置きというか言い訳が長くなりましたが、今日は北海道の白糠町からの返礼品であるいくらを使って、いくら丼を作りました。

f:id:sandandrop:20170330222916j:plain

いくらだけだと寂しいので、食糧棚にあった納豆昆布といくらの二色丼にしました。それに水で戻すだけの海藻サラダ、大根の味噌汁。僕は大根の細切りと油揚げの味噌汁が好きでしょっちゅう作っているのですが、今日は残念ながら油揚げが冷蔵庫になく具は大根だけです。

ちなみにふるさと納税は「ふるさとチョイス」あたりを使っている人が多いと思いますが、ポイントも何もくれないのであまりお勧めできません。「ふるさとチョイス」はサイトはよくできているし、検索もしやすいので、返礼品を絞り込むためにだけ使いましょう。そして、実際に寄付するのは楽天からにすべきです。かつ、できれば楽天スーパーセールなどポイントが増量されるタイミングを狙います。セール中にポイント倍率の高い自治体へ寄付+楽天カードでの支払い+複数自治体を買い回り など工夫すれば寄付額の10%超のポイントが取れます。今日の献立の海藻サラダもビールもこうして稼いだ楽天ポイントで買ったものなので、材料費はほとんどゼロ。

ふるさと納税楽天ポイントの組み合わせは強烈なので、ぜひやってみてください。

 

 

トイレや洗面所の水トラブル対応もポイントサイト経由で

洗面所の流しの調子が悪いです。流れるのに時間がかかるようになりました。我が家は娘二人ということもあり、将来的な洗面所の渋滞を見越して蛇口が2つ付いた横長の海外製洗面台を設置しています。見た目はカッコイイのですが、メンテナンスという点からは問題が。

国産の洗面台では髪の毛やゴミが詰まった場合、大抵は「U字トラップ」(下図のU字部分)を取り外して洗えば自分でも対処できます。

 

f:id:sandandrop:20170324164226g:plain

ところがウチの洗面台のパイプを見ると

f:id:sandandrop:20170324164556j:plain

これでは取り外せません。少なくとも、家庭にある工具で取り外すのは無理そうです。

というわけで水回りトラブル対応業者を呼ぶことにしました。調べてみたところ、洗面所の詰まり解消作業の相場は8千円~1万5千円くらい。結構するんですね。訪問作業になるから仕方ないのか。トイレが詰まって一部部品交換、なんてことになると2-3万円することも珍しくないようです。

8千円~1万5千円となると、高単価、差別化難しい→広告で客寄せする必要高 という条件に当てはまりますので、ポイントサイトと親和性が高そうです。分野は全然違いますが、ポイント親和性という観点からみると、前回取り上げた人間ドックと同じですね。

sandandrop.hatenablog.com

ハピタスで検索してみると、やはり「水道救急センター」という業者がヒットしました。ハピタス経由で作業を依頼すると1,620ポイント還元とのこと。高いですね。参入障壁は低そうなので受注競争は熾烈、差別化も難しい、作業員を遊ばせておくくらいなら販促にまとまった金額を突っ込んでも売上を確保したい、ということが背景でしょう。

ハピタス経由で水道救急センターのサイトにアクセスし、電話するとオペレーターの女性が出ました。当日の午後の作業を打診するとOKとのこと。約束通りの時間に作業員の方がやってきて、見積もり提示の後に、業務用の薬剤やらラバーカップやらを使い20-30分ほど作業して、無事スムーズに流れるようになりました。お代は1万2千円。そこそこしましたね。ぼけっとしててなぜか思いつきませんでしたが、見積もり時に値切る余地は十分にあったと思います。値段なんてあって無いようなものですもんね。そのことに思い至り少しへこみましたが、オペレーターのお姉さんがカード払い可でTポイントも付けられると言っていたのを思い出し、少しでもリカバーすべくカード払い+Tポイントゲットしておきました。そしてまだハピタスの通帳に反映されていませんが、肝心の1,620ポイントも入る..はずです。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

人間ドック予約もポイントサイト経由で行うべし

人間ドックに来ています。

f:id:sandandrop:20170321222427j:plain

会社の健康診断が毎年7-8月にあるので、異常があった場合に早期発見できる可能性を高めるべく、人間ドックは2-3月に受けるようにしています。

最近の人間ドックはIT化のおかげで手際が良くなって、朝8時からの午前コースにオプションで内視鏡もつけたのに、10時には終わってしまいました。近隣レストランの昼食券をもらったはいいけど、開店までまだ1時間以上ある…

ところで、初めて鼻からの内視鏡って奴をやってみたんですが、確かに経口よりはマシであるものの辛いことは辛いんですね。経口と同様、産卵亀のような涙が出ました。以前職場の同僚が鼻からは良い、と力説していたのを聞いて期待が高まり過ぎていたみたいです。

マイルを貯めるには、支出機会のたびに「これってポイントにならないかな?」と調べてみることが大事ですが、ハピタスで「人間ドック」と検索したところ、やはりありました。

dock.cocokarada.jp

www.karadagood.com

「人間ドックのここカラダ」「メポからだグッド」という医療ポータルサイトがあり、ハピタスを経由し予約すると前者は1,080ポイント、後者は1,500ポイントが貯まります。結構大きいですね。しかも会社員であれば、人間ドックは会社の健保からの補助が出るケースが多いと思いますので、持ち出しも医療機関によってはゼロです。僕の場合は3大ガン検診オプションを付けたので数万円の自己負担が生じましたが、数万円の通常決済を大きく上回るポイントであることに違いはありません。もちろん自己負担分はANAカードで払いましたので、通常ポイントは入ります。

「人間ドック」で検索してみると、実に多くの医療機関の広告がヒットします。今回僕が受診した医院も含め、人間ドックまわりの人的・物的投資にみな相当の資金を投下していることが明らかで、安定した収益の見込める人間ドックが多くの医療機関にとって主力事業の1つになっているものと見られます。多額の投資を回収するためには広告費を積極投下してでも患者を集めなくてはならず、これが比較的高ポイントの還元に繋がっていると推定されます。患者にはどこの医療機関の人間ドックが良いか、の事前知識なんて普通は無いので、自ら広告を通じアピールしないと埋没してしまいます。

携帯電話、カード、保険、今回の人間ドックなど、高単価で差別化の難しいサービスを受ける場合には高還元のポイント機会が見つかる可能性が高いので、チェックする癖をつけたいところですね。